皮膚科とは

皮膚科のイメージイラスト

皮膚科は、皮膚に何らかの症状があるとされる患者様の診察・検査・治療に関して保険診療で行う診療科になります。
しかし、皮膚疾患には放置していても大きな問題が生じないものから、急速に進行して命に関わるものまで様々な種類があり、皮膚に関する専門的な知識と経験が必要となるのです。正しい検査や診断がなされないと、皮膚の状態がかえって悪化し、治療が難しくなることさえあります。
皮膚に赤いブツブツのような湿疹がある、かゆい、やけどをした、虫に刺された、日焼けで肌が痛い、水虫があるなど、はっきりした皮膚症状のある患者様はもちろん、肌荒れやスキンケア方法に関して聞きたいことがあるという場合もお気軽にご受診ください。

皮膚科で扱う主な疾患

湿疹

皮膚が何らかの原因によって炎症を起こしてしまい、それによってかゆみの症状や様々な皮疹(発赤、丘疹、水疱、湿潤(ジクジクする)、膿疱、痂疲 など)がみられている状態を湿疹と言い、皮膚炎とも呼ばれます。なお湿疹は慢性化するようになると、皮膚は鱗屑、肥厚化するなどし、さらに色素沈着すると跡が残ることもあります。

原因については、内的因子(アトピー素因、皮膚バリア機能低下 など)や外的因子(薬剤、ハウスダスト、食物、植物 など)があるとされ、これが組み合わさるなどして発症するようになると言われていますが、症状の現れ方や原因というのは人それぞれです。なお、はっきりと原因が特定している、検査によって判明したという場合は、接触皮膚炎(かぶれ)、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症などと診断され、それに対する治療が行われるようになります。

治療に関してですが、原因がはっきり特定しなかったとしても、ステロイドの外用薬を塗布する。かゆみの症状が強いという場合は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を服用するケースもあります。

じんましん

これといった前兆もなく、皮膚の一部分に赤く腫れた膨疹がはっきりとみられ、それと同時に強いかゆみの症状も現れるようになります。皮膚症状については、体のどの部分でも発生する可能性はありますが、数時間~24時間以内に跡形もなく消えるようになるという特徴があります。

発症の原因については、何らかのアレルゲン(抗原:アレルギーの原因となる物質)に触れるといったアレルギー性(食物、薬剤、植物、昆虫 など)や非アレルギー性(発汗による刺激、引っかき傷、日に当たる、温まる など)のケースもあります。ただ、じんましんを発症する患者様の7割近くが原因を特定できない特発性じんましんです。この場合、さらに急性と慢性に分けられるのですが、前者は皮疹が現れては消えるといった状態が1カ月半以内で治まる場合を言います。後者は、発症から1カ月半が経過しても続いているケースを言います(慢性は数カ月や数年程度続くこともあります)。

治療をする場合ですが、アレルギー性など原因がはっきりしているのであれば、アレルゲンなどから避ける環境を整えるなどしていきます。また、かゆみや皮疹の症状については、特発性じんましんの患者様も含め、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬による内服薬を使用していきます。また外用薬による効果は乏しいとされていますが、皮疹のある部位を冷やすなどすると、かゆみが多少落ち着くこともあります。

にきび

にきびは皮膚で発生する慢性的な炎症性疾患のひとつで、皮脂の分泌が活発化しやすくなる思春期から青年期の若者世代に発症しやすいとされているものです。

とくに思春期は、アンドロゲン(男性ホルモンの一種:女性も分泌されます)の分泌亢進によって、皮脂が過剰に分泌し、それが毛穴の中に溜まって、さらに皮膚の常在菌(アクネ菌)が作用して面皰が形成、そしてアクネ菌が増殖すると炎症性の皮疹が起きるなどして、赤いブツブツ(丘疹)、膿疱、かさぶた、色素沈着などの症状がみられるようになります。発症しやすい部位は、皮脂腺が多いとされる、顔面、背中、胸部などです。

また、思春期後(青年期以降)に発生するにきびにつきましても発症のしくみは変わりませんが、ストレス、睡眠不足などの不摂生な生活習慣が症状を悪化させると言われています。

なお、にきびの治療ですが、皮膚に炎症や膿がみられるのであれば、抗菌薬やアダパレンなどの外用薬を使用します。症状が悪化しているという場合は、抗菌薬の内服薬による治療となります。また、日頃からのスキンケアなども必要で、1日2回の洗顔(洗いすぎない程度)、規則正しい生活を送る(睡眠をしっかりとる、ストレスを溜めない など)、またにきびを指などで強く圧迫して潰すなどすると、にきび痕となりやすいので、患部をできるだけ触らないようにすると言ったことも大切です。

水虫

一般的には水虫と呼ばれますが、この皮膚疾患は正式には足白癬という疾患名になります。これは白癬菌という真菌(カビの一種)による感染症です。この白癬菌が足に感染すると足白癬、手に感染すると手白癬、股部に感染すると股部白癬(一般的には、いんきんたむしと呼ばれる)といった疾患名になります。ちなみに足白癬は、白癬と名がつく皮膚疾患の中でも患者数が最も多く、その割合は半数以上を占めると言われています。

また足白癬については、日本人の約2割にあたる方が感染しているとされ、高温多湿の時期に菌は活発化しやすくなります(低温低湿な冬の時期は症状が治まりやすい)。感染経路については、不特定多数の方との足ふきマットやサンダルの共用などが挙げられます。ただ足底に白癬菌が付着したとしても感染するまでには24時間かかるとされ、それまでに洗い流すことができれば、感染のリスクは低減されますが、足の裏に傷などがあると半分程度の時間で感染してしまうようになるので要注意です。

足白癬の種類

なお足白癬は、大きく3つのタイプ(趾間型、小水疱型、角化型)に分類されます。

趾間型は足の指の間(なかでも薬指と小指の間)に発症するタイプです。主な症状は、感染部位に赤みが帯びるほか、小さな水疱の発生、ふやけた皮が固くなって鱗屑がみられ、強いかゆみの症状も現れます。一方の小水疱型は、土踏まずの部分をはじめ、足の指の付け根、足のふちといった部位に小さな水疱が見受けられ、これが破けて皮膚表面が乾燥すると鱗屑がみられるようになります。かゆみの症状に関しては、水疱が発生する際に現れるとされますが、人によってはかゆみがみられないこともあります。また角化型は、稀とされるタイプです。この場合は、足底全体で白癬菌が増殖することで、角層が肥厚化し、鱗屑状態になっています(足底がザラザラしている状態)。痛みやかゆみといった症状はみられませんが、肥厚化したかかとに亀裂などが入ると痛みがみられることもあります。

治療に関しては、趾間型と小水疱型については抗真菌薬の外用薬の塗布となります。角化型や足の爪にまで感染が及んでいる場合(爪白癬)は、外用薬では効き目が乏しいとされているので、これらの治療につきましては、抗真菌薬の内服になります。

虫刺され

虫刺されは、虫刺症とも呼ばれるものです。主に昆虫などの節足動物に刺されることによる毒物や咬まれる際の分泌物などによって起きる炎症などの皮膚症状のことを言います。

節足動物には、蚊、ハチ、虻、蛾、ノミ、シラミなど様々いますが、刺された(触れた)虫の種類、子供か成人か、それぞれの方々のアレルギー症状の現れ方によって、同じかゆみや痛みであっても症状の程度は異なります。

上記で虫刺されの原因とされる虫をいくつか挙げましたが、とくに気をつけなければならないのは、毒性が強いとされるアシナガバチやスズメバチに刺されてしまった場合です。主な症状として、紅斑や腫れ、疼痛などの症状が直後から現れるわけですが、怖いのは繰り返し刺されるようになると、この毒に対して体の中にある抗体が過剰に反応してしまい、アナフィラキシー・ショック(血圧低下や呼吸困難がみられるほか、意識が消失するなど、生命にも影響が及ぶことがあります)を引き起こす可能性があるということです。このような状態は速やかに治療をしなくてはなりませんので、救急車を呼ぶなどの対応も必要になります。

治療をする場合ですが、まず刺された部位を確認し、毒針などが残っているのであれば直ちに除去しなくてはなりません(毛抜きで抜く、刺された部位に粘着テープを貼って取る など)。その後で皮膚症状(炎症、かゆみ など)に対する治療となります。軽度であれば、抗ヒスタミンの外用薬を使用していきます。また、かゆみの症状が強ければ、ステロイド系の外用薬や抗アレルギー薬の内服薬を用います。症状が重度の場合は、ステロイドの内服薬が使われます。

乾燥肌(ドライスキン)

乾燥肌は、ドライスキンとも呼ばれるもので、簡単に言うと皮膚が乾いてしまっている状態です。その原因は、ひとつとは限りませんが、表皮の角質層から水分が不足気味になると皮膚が持つとされるバリア機能が低下するようになります。

ちなみに皮膚バリア機能とは、外部から侵入してくる細菌やアレルゲンといったものを防ぐほか、皮膚表面(角質層)にある水分の蒸散させないようにするといった役割があります。この機能が失われるようになると、手などの肌が荒れる、カサカサ肌となって、かゆみの症状が強くなるなどの症状がみられるようになります。

発症しやすいタイプとしては、頻繁に手を洗う方、水仕事をよくする方に起きるとされる手湿疹(主婦湿疹)から起きるケース、また中年になると皮脂の分泌量が減少しやすくなるので肌が乾燥しやすくなって乾燥肌になるということもあります(皮脂欠乏症)。

なお乾燥肌にならないためには、角質層の水分を蒸散させない、皮膚のバリア機能の一端を担う皮脂をある程度は表皮に保つといったことが必要です。そのためには日々のスキンケアは欠かせません。具体的には、入浴後に皮膚が乾いてしまう前に保湿剤を皮膚表面に塗布するようにします。また湿疹が発症している場合は、ステロイドの外用薬や抗ヒスタミンの内服薬を使用していきます。さらに予防として生活習慣の改善も必要で、入浴時に肌を擦り過ぎない、石鹸やシャンプーを使い過ぎないようにします。このほかにも、室内を乾燥し過ぎない、こすれやすい衣服を着て、むやみに肌を刺激しないといったことも大切です。

いぼ

一般的にいぼと呼ばれるものは、尋常性疣贅を意味することが大半です。これは、主に皮膚にできた小さな傷などからヒトパピローマウイルスが侵入し、同ウイルスに感染することで発生します。多くは数mm~1cm程度の小さなできもので、表面はザラザラしています。色に関しては、肌の色のものだけでなく、褐色や白色の場合もあります。痛みなどの症状はありません。

子供や若者世代によくみられ、発症しやすい部位としては、顔面や頸部、手のひら、足底などです。自覚症状もないので、放置でも生命に関係することはありませんが、いぼの数を増やしてしまうこともあるので、いぼを除去するための治療を行うことが多いです。

いぼの除去については、液体窒素による凍結療法が一般的ですが、当院では炭酸ガスレーザーによる治療を行っています。凍結療法の場合は、治療時や治療後に痛みが強く出るほか、週1回あるいは2週間に1回の間隔で通院する必要があります。そのほかの治療法としては、サリチル酸の外用薬を塗布する、漢方薬(ヨクイニン)を服用するといったことを行うこともあります。

たこ・うおのめ

たこもうおのめも、ある部位が反復的に圧迫や摩擦といった物理的な刺激を受け続けることで発生するもので、どちらも皮膚の角質層が肥厚状態になっていることを言います。

うおのめは、肥厚化する角質層が、真皮(皮膚の内側)に向かってくさび状に形成されるようになるほか、その中心には核(芯)がみられるのが特徴です。その核の見た目が、魚や鶏の目に似ていることから、うおのめや鶏眼と呼ばれるようになりました。主に足に発生し、よくみられる症状は、患部を押す、圧が加わるなどすることで起きる圧痛です。発症の原因については、サイズの合わない靴を履いている、姿勢が悪くて足の一部分に負担がかかる歩き方をしているといったことが考えられます。

たこもある部位に集中して、圧迫や摩擦といった物理的な刺激が加わり続けることで、角質層が肥厚化していくわけですが、この場合は表皮側に向かっていくので圧痛などの症状がみられることはなく、中心に核のようなものも発生しません。なお、たこは足以外にも指や拳、足関節の背側でも発生することがあります。そのため、それぞれ発生した部位から、ペンだこ、拳だこ、すわりだこと呼ばれることもあります。なお足にたこができる原因としては、サイズの合わない靴を履くなどが挙げられます。

うおのめ、たこの治療をする場合ですが、まず原因となっている物理的な刺激を加わらないようにする環境を整えます。そのうえで、肥厚化した角質層を取り除く治療をしていきます。その際は、スピール膏を塗布して、肥厚部分を軟らかくした後にメスなどを使って除去していくなどしていきます。

水いぼ

水いぼは、伝染性軟属腫ウイルスに感染することで、光沢感があって軟らかく、中央がくぼんでいる1~10mm程度の丸い形のいぼのことを言います。小児(とくに幼児期~学童期)によく発症することでも知られています。

水いぼについて

帯状疱疹

これまでに水ぼうそう(水痘)に罹患したことがあるという方に発症する病気です。水ぼうそうの原因とされる水痘帯状疱疹ウイルスというのは、症状が治まった後も体外に排出されることはなく、神経節に潜伏し続けるようになります。

その後、加齢、過労・ストレスなどによって免疫力が低下するようになると、潜伏していた同ウイルスが再び活性化するようになるわけですが、その際に神経支配領域に沿う形で、チクチクやピリピリとした痛みがみられます。さらに痛みがみられた部位に皮膚症状が帯状にみられるようになります(身体の片側)。具体的には、まず紅斑がみられ、その後に小さな水疱が現れ、次第に痂疲(かさぶた)へと変化します。かさぶたが剥がれ落ちるようになると皮膚症状は治まったということになりますが、それまでに2~3週間程度かかると言われています。

なお、皮膚症状が治癒した後も神経痛が続くことがあります。この状態が発症後、3ヵ月以上経過している場合は、帯状疱疹後神経痛と診断されますが、この場合はペインクリニックなどで痛みの治療が必要となります。

治療に関してですが、主に薬物療法となります。具体的には、水痘帯状疱疹ウイルスの活動を抑えるための抗ヘルペスウイルス薬(アシクロビル など)を使用します。また強い痛みの症状がある場合は、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)、アセトアミノフェンなどを用います。

やけど

高温の物質に一定時間触れてしまうことで、皮膚組織(皮膚、粘膜)が損傷を受けている状態を熱傷と言い、一般的にはやけどと呼ばれています。

やけどについて